オープンネットワーク
による
豊かな未来の世界
A prosperous future 
realized by
"Open Network"

5GオープンRANエコシステムの構築 Building 5G Open RAN Ecosystem

Scroll

オープンネットワークとは? What is "Open Network"?

無線アクセスネットワーク(以下、RAN)におけるオープンネットワークとは、異なるベンダの製品同士が接続可能なネットワークをさします。対して、クローズドネットワークとは同一ベンダの製品しか接続できないネットワークをさします。
LTEまでは、一般的にクローズドネットワークが主流でした。ただ、5GはLTEに比べて格段に多いユースケースが想定されているため、クローズドネットワークでは対応できないという課題が見えてきました。そのため、5Gではネットワーク構築における「柔軟性」「Time-to-Market」「コスト効率」の面でメリットがあるオープンネットワークが主流になりつつあります。オープンネットワークにおける製品間のインターフェースは、O-RANに代表される標準仕様に準じたインターフェースが使用されます。
A Radio Access Network (RAN) in which products from different vendors are able to interoperate is called an “Open Network”. On the other hand, a network in which only products from the same vendor can interoperate is a “Closed Network”.
A "Closed Network" has generally been the de-facto model until LTE. However, challenges with “Closed Networks” are becoming prominent for 5G as far more diverse use cases are considered. Thus, an "Open Network", which brings merits such as "Flexibility", "Time-to-Market" and "Cost Effectiveness", is becoming the mainstream in 5G. Standardized interfaces such as those defined by O-RAN specifications are used to achieve interoperability between products in an "Open Network".

クローズドネットワーク オープンネットワーク クローズドネットワーク オープンネットワーク Closed Network Open Neteork Closed Network Open Neteork

オープンネットワーク実現に
向けた
ドコモのこれまでの
取組み
NTT DOCOMO's 
activities for realizing 
"Open Network"

ドコモはLTEの時代より、先んじて独自にマルチベンダ接続可能なRANを実現し、運用してきました。その経験を活かして、2018年に各国のオペレータとともにO-RAN Allianceを設立し、オープンネットワークの実現のための検討をけん引しています。現在のドコモの5GネットワークはO-RAN仕様に基づいて構築されたオープンネットワークでサービスを提供しており、さまざまな新規ベンダの参入が可能となっています。 NTT DOCOMO has realized multi-vendor interoperability for RAN already in its LTE network. Leveraging this experience, NTT DOCOMO jointly launched O-RAN ALLIANCE with major global operators, and we are leading the activities to realize "Open Network". The current NTT DOCOMO’s 5G network is providing services as an "Open Network" based on the O-RAN specifications, allowing various new vendors to join.

what's O-RAN

O-RAN Allianceとは What's O-RAN Alliance?

5G時代におけるRANを、より拡張性高く、オープンでインテリジェントに構築することを目的にドコモを含むオペレータ5社で2018年に設立された標準化団体です。現在、オペレータ27社、ベンダ等212社が加入(2021年1月7日 現在)しており、主な取組みは以下の3つです。 O-RAN ALLIANCE is a standardizing body which was launched in 2018 with the objective to make RAN in the 5G era more extensible, open and intelligent. As of January 7th, 2021, there are 27 operator members and 212 contributors such as vendors. Followings are the main activities.

What’s ORAN What’s ORAN

主な3つの取り組み 主な3つの取り組み 3 Main Activities 3 Main Activities
Open Interface
01

オープンインターフェース Open Interface

オープンネットワークを実現するための、基地局装置間のインターフェースの標準仕様を策定しています。主に基地局装置の親局(以下、CU/DU)と子局(以下、RU)を接続するフロントホールインターフェース、CU/DU同士を接続するX2インターフェースなどが規定されており、異なるベンダの基地局装置の接続を可能にしています。 Standard specifications for "Open Interfaces" between base stations are being developed in order to realize an "Open Network". This includes specifications for the "Open Fronthaul Interface" between CU/DU and RU, and the "Open X2 Interface" between LTE and 5G CUs, enabling interoperability between these base stations from different vendors.

02

vRAN

いわゆるRANの仮想化と呼ばれる部分についての標準仕様を策定しています。CU/DUのハードウェアとソフトウェアは従来同一ベンダの組み合わせで運用されることが主流でした。RANの仮想化では、ハードウェアに汎用サーバーを用いた仮想化基盤を用い、またソフトウェアとハードウェアのベンダが異なる組み合わせも可能であることを想定し、ソフトウェアとハードウェア間のやりとりを標準化する取組みが行われています。 Standard specifications for the so-called "RAN Virtualization" are being developed. Conventionally, CU/DU hardware and software were provided by the same vendor. For RAN Virtualization, which assumes the use of COTS servers for virtualization platform hardware and integration of hardware and software from different vendors, standardization of required interactions between hardware and software is underway.

03

AI for RAN

ビッグデータ・AI・機械学習を用いてRANの最適化を実施するための標準仕様を策定しています。CU/DUからビッグデータを収集し、それらをAI・機械学習により解析を行い、RICとよばれるRANインテリジェント制御部で最適制御を行うための一連のやりとりを標準化する取組みが行われています。 Standard specifications for RAN optimization utilizing big data, AI and machine learning are being developed. Standardized methods to collect big data from CU/DU and to perform optimal control at the RAN Intelligent Controller (RIC) based on analysis with AI and machine learning are being considered.

5GオープンRANエコシステム 5GオープンRANエコシステム 5G Open RAN Ecosystem 5G Open RAN Ecosystem

5G Open RAN Ecosystem 5G Open RAN Ecosystem

ドコモがオープン化対応製品を組み合わせ、最適なパッケージとして、グローバルオペレータに提供する NTT DOCOMO combines and packages “Open Network” products and provides best-of-breed features to global operators.

オープンネットワークにおいては、さまざまな装置の組み合わせが考えられるようになるため、装置の組み合わせの最適化、すなわち"マルチベンダインテグレーション"が重要になってきます。ドコモは、今まで培ってきたマルチベンダ接続のノウハウと広範囲な国内外のパートナー連携を活かして、最適な構成をパッケージ化し、グローバルにその価値をパートナーと一緒に提供していきます。 With "Open Network", various combinations of equipment can be considered, and optimization over those combinations becomes important. That is, "Multi-Vendor Integration" is key. NTT DOCOMO, with the multi-vendor integration know-how accumulated so far and in cooperation with wide partners inside and outside Japan, will create optimal packages and provide their values globally.

(RU)アンテナ設置 (RU)アンテナ設置 (RU)Radio Unit (RU)Radio Unit
(RU)アンテナ設置 (RU)アンテナ設置 (RU)Radio Unit (RU)Radio Unit

Virtualization

拡張性の高いvRAN Scalable vRAN

オープンネットワークの促進には、拡張性の高いvRANが鍵となります。
従来のvRANでは、仮想化基地局装置(vCU/vDU)に求められる物理層の高速な制御を実現できず、結果汎用サーバではなく、vRAN専用ハードウェアを用いて性能を補完するのが主流でした。そこで、vCU/vDU内の制御性能にかかわるアクセラレータと呼ばれる個所をスケーラブルに取り込んでいくことで、従来のvRANでは実現できなかった、真にvRANに求められている性能を実現していきます。
The key for promoting "Open Network" is "Scalable vRAN". It has been difficult for vRAN (vCU/vDU) to realize the high-capacity real-time processing required at the physical layer of the radio interface, and it is common to complement COTS servers with dedicated hardware to improve performance for vRAN. By taking in hardware accelerators in a scalable manner, the performance which is really required for vRAN will be realized.

オープンネットワークで
実現する豊かな未来の世界
A prosperous future realized 
by "Open Network"

世界中のみなさんが描いている5Gのサービス・ユースケースを実現するためには、多様なニーズをより柔軟に・スピーディに実現できるオープンネットワークの構築が不可欠です。ドコモはみなさんと共にオープンネットワークを実現していき、みなさんが思い描く豊かな世界をあたりまえにしていきます。 In order to realize the 5G services and use cases envisaged by people around the world, deploying “Open Networks," which can serve various needs flexibly with shorter time-to-market, is essential. NTT DOCOMO will realize "Open Networks" with partners, and will achieve a prosperous world envisioned by everyone.